心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

相手に誠実さを伝えるには、軽くアゴに手を当てると効果的

交渉中の相手に誠実さをアピールしたいときには、どうすればいいだろうか。

じつは、返事をする時にアゴに手を当てて一瞬間をおいてから返事をすると効果的なのだ。

スポンサーリンク

  関連記事

デキる営業マンは声のトーンの使い分けをしている!?

話をするときに、相手の目を見て話せない人は信用できないといわれる。

たしかに、相手を恐れているときや、心にやましいことがあるとつい相手から目をそらしたくなるだろう。

ペン1本で相手の注意をひきつけるワザ

人を説得するときは、相手の目を見て話すのが基本中の基本だ。

だが、プレゼンテーションの資料やパンフレツトを見せながら話すとなると、どうしても視線が下に向いてしまう。

弱気のよきこそオーバーリアクションが効果的!

緊張をすると体が硬くなったり、突然頭が真っ白になった経験は誰にでもあるだろう。

そんな弱気なときに効果的なのが、じつはオーバーアクションなのだ。

相手を断れなくさせるには「レッテル」を貼ると効果的

自分の願い事を相手に聞いてもらいやすくするには、相手のことを「こういう人だ」とレッテルを貼ると効果的である。

なぜなら「真面目そう」だとか「優しそう」などと、一度レッテルを貼られると、それに沿った行動をとるようになるからだ。

仕事を1日早く仕上げるだけで自分をアピールできる!?

上司にさりげなく自分をアピールしたいときは、頼まれた仕事を予定より1日早く終わらせるといい。

たとえば、「この書類5月30日で仕上げてほしい」と依頼されたら、1日早い5月29日に書類を提出できるようにスケジュールを組むのだ。

目標設定によってやる気と能力は最大限に引き出せる

部下のやる気を引き出すには、ただ仕事を課すのではなく、少し高めの目標を設定するといい。

簡単にクリアできてしまう目標であればそれほどやる気が出ないかもしれないが、実力より少し上の目標があることで、「乗り越えてやろう」と意気込むものだ。

話題に困らないための「て・き・ど・に」の法則

取引先の人と仕事の打ち合わせで会うときは、ビジネスの会話だけすればいいというわけではない。

会った直後は世間話でもして、お互いの緊張をほぐしたり場を和ませることが大切だ。

「未完の話」が相手の心に残る理由

取引先の担当者がかなり忙しい人であれば、どんなに一生懸命に話をしてもその内容すら覚えてもらえないことだってある。

こういうときに、自分の提案を相手の記憶の片隅に留めてもらうにはどうすればいいだろうか。

手を腰に当てて肘を張る行為にはどういう意味があるのか

コミュニケーションというのは、人と人がお互いに相手の話を聞こうとする姿勢があってこそできるものだ。

自分がどれだけ丁寧に時間をかけて話をしても、相手がそれを聞こうとしなければ話は通じないだろう。

先に名刺を出してくる人が思っている願望とは?

日本のビジネスシーンで第一印象を決めるものといえば、あいさつのように行われる名刺交換だ。

初対面の人と会ったらまず名刺を交換する。


スポンサーリンク

こうすることで、相手に「適当に返事をしているわけじゃないんだな」と思わせることができ、誠実な印象を持ってもらえるだろう。

また、一瞬間を置くことにより、その後の発言にも注目してもらえるのだ。

こうして相手の顔をみながら丁寧に自分の話をしていくことで、会話の内容を整理できたり、より誠実さをアピールすることができるというわけだ。

このときに注意したいポイントは、あまり大げさに身振り手振りをつかって話をしないことである。

大げさな動作をすると相手からは逆に軽薄に見られてしまうかもしれない。

ほんの一瞬だけのほうが、無意識のうちに誠実な印象を相手に与えることができるので、くれぐれも大げさになりすぎないように気を付けてほしい。

スポンサーリンク

 - 仕草と癖