会議に集中しやすくなる環境づくりとは?

こんなとき、効率よく会議をしたいときにとっておきの方法がある。

それは狭い部屋で会議をすることだ。

もちろんこれは大人数の時にはおすすめしないが、それほど人数が多くない場合は、多少定員オーバーするくらいの狭い部屋のほうがいい。

通常であれば広い会議室で行うことが多いが、部屋が広すぎると緊張感が伝わりにくく、また前述のように参加者同士の距離が遠くなってしまい意見が聞こえづらくなり、結果的に集中力が薄れてしまうからだ。

そうなってしまえば会議への参加意識が低くなり、真剣な議論ができなくなるだろう。

だが、会議室が狭くなることで参加者同士が近くなり、声も通りやすい。

もし会議中にサボろうとしていればすぐにわかるので、集中力が続きやすい。

すると自然と参加意識が高くなり、会議自体もより良いものになるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク