心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

目標設定によってやる気と能力は最大限に引き出せる

部下のやる気を引き出すには、ただ仕事を課すのではなく、少し高めの目標を設定するといい。

簡単にクリアできてしまう目標であればそれほどやる気が出ないかもしれないが、実力より少し上の目標があることで、「乗り越えてやろう」と意気込むものだ。

スポンサーリンク

  関連記事

腕組みする上司が考えていることとは?

ひとことで「腕組み」と言っても、その腕組みにはさまざまな意味がある。

たとえば、ぼんやりと考え事をしていることもあれば、相手と睨み合うときや上からものをいうときなど、普段の生活の中で腕組みをすることはいろいろある。

椅子の座り方で、相手が気を許しているかがわかる!?

相手と椅子に座って話をしているときに、相手の座り方に気付いた人はいるだろうか。

もし、浅く腰掛けていたら、それはあなたに対して気を許していない可能性が高いだろう。

あえて怖い顔をすることで、思い通りにコトを進める凄ワザ

上司から「今日中に企画書を提出してくれ」と言われたとき、あなたはどう思うだろうか。

もし優しそうな顔で言われたら「明日になっても大丈夫」かもしれないと思うかもしれないが、今にも怒りそうな顔をしながら言われたらすぐにでも取りかかるだろう。

話を聞いているときに小物をいじるのは何かのサイン

その場の空気を読むことは、仕事をするときに大切なポイントである。

周囲の状況を読みとって臨機応変に対処できてこそデキるビジネスパーソンと言えるだろう。

話題に困らないための「て・き・ど・に」の法則

取引先の人と仕事の打ち合わせで会うときは、ビジネスの会話だけすればいいというわけではない。

会った直後は世間話でもして、お互いの緊張をほぐしたり場を和ませることが大切だ。

足を開いて座ると、相手も心を開きやすくなるワケ

部下との円滑なコミュニケーションをとるためには、まず部下の心を開くことが最優先だ。

上司を恐れて遠慮しているような部下では、信頼関係を築くのは難しいだろう。

交渉してもいい時間帯、いけない時間帯とは?

世の中には、朝型の人と夜型の人がいる。

朝方の人は午前中に集中力を発揮し、夜型の人は午後から集中力を発揮するが、もし取引担当者が朝型であれば午前中ではなく午後に商談をするといい。

先に名刺を出してくる人が思っている願望とは?

日本のビジネスシーンで第一印象を決めるものといえば、あいさつのように行われる名刺交換だ。

初対面の人と会ったらまず名刺を交換する。

ネクタイの演出ひとつでフレンドリーな気分にさせる方法

ネクタイを緩めるのは、自分自身がリラックスしたいという気持ちの表れだが、一緒にいる相手に対して「あなたに敵意はありませんよ」「もっと気楽に話しましょう」といった意味も込められている。

そこで、相手をフレンドリーな気持ちに導く方法がある。

仕事を1日早く仕上げるだけで自分をアピールできる!?

上司にさりげなく自分をアピールしたいときは、頼まれた仕事を予定より1日早く終わらせるといい。

たとえば、「この書類5月30日で仕上げてほしい」と依頼されたら、1日早い5月29日に書類を提出できるようにスケジュールを組むのだ。


スポンサーリンク

このときに注意したいのが、あまりにも無謀な目標や高すぎる目標を設定すると「こんなのできるわけない」とサジをなげられてしまい、部下のやる気をかえって無くしてしまうことがある。

なので、努力すれば手が届くかもしれないという“少し高め”のラインがやる気を引き出す大切な部分なのだ。

また、すでに触れたように、具体的な目標にすることが大切である。

ただ「契約をたくさんとってくる」では曖昧すぎてモチベーションを維持できないだろう。

それが「今月は10件成約する」という具体的な目標になることで、「今の時点で8件いったから、あと2件で目標達成だ!」という感じでやる気が出て、目標達成しやすくなるのだ。

この方法をうまく利用することで、部下のやる気だけでなく能力を伸ばすことができ、組織全体も活気が出るだろう。

スポンサーリンク

 - 仕草と癖