心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

和やかに会議を進めるには「丸テーブル」が効果的

お互いの意見を交換しながら会議を進めたいときには、長方形のテーブルではなく丸テーブルにするといい。

それは、長方形のテーブルにしてしまうと必然的に議長席が決まってしまうからだ。

スポンサーリンク

  関連記事

声の出し方ひとつで客の怒りは収まる

クレームをつけている客が怒り狂っているときは、たとえこちらが正しいことを主張しても無意味な場合が多い。

そんなときは、低く落ち着いたトーンの声で対応すると相手の怒りが徐々に収まってくる。

仕事を1日早く仕上げるだけで自分をアピールできる!?

上司にさりげなく自分をアピールしたいときは、頼まれた仕事を予定より1日早く終わらせるといい。

たとえば、「この書類5月30日で仕上げてほしい」と依頼されたら、1日早い5月29日に書類を提出できるようにスケジュールを組むのだ。

ネームプレート1枚で責任感はアップする

従業員を真面目に働かせようと思ったら、まずは一人ひとりにネームプレートをつけるといい。

特にレストランや営業マン、サービスの窓口など、客と直接やり取りをする職場ではネームプレートを付ける効果は抜群だろう。

「昔はよかった…」と過去の話をする上司への対抗法

お酒の席になると、上司がやたら過去の話や、「昔はよかった」などと話すことがある。

これは自分に自信をなくしている証拠だ。

交渉相手が左側の席をすすめてくるワケ

誰かと同じテーブルに座るときは、向かい合って座る、コーナーを挟んでお互いに斜めになるようにして座る、横に並んで座るなど、話す相手やその場の雰囲気によって変わってくるだろう。

そしてこの中で一番親密さが増すのは横に並ぶ座り方である。

説得力をアップさせる「ミスディレクション」とは

話をしている最中に、顔以外で気にするといえば手の動きだろう。

たしかに、会話をしているときに相手が身振り手振りで説明をしていたり、指をさして「あの置き物が〜」なんて言われると、ほとんどの人がその指さした方向を向いてしまうだろう。

フィギュアを自分のデスクに飾る人は責任感が強い人!?

近年の文房具ブームの影響もあり、職場のデスクを自分仕様にしているという人もいるだろう。

なかには自分のデスクにアニメのフィギュアやアイドルの写真を飾っている人もいるだろう。

椅子の座り方で、相手が気を許しているかがわかる!?

相手と椅子に座って話をしているときに、相手の座り方に気付いた人はいるだろうか。

もし、浅く腰掛けていたら、それはあなたに対して気を許していない可能性が高いだろう。

交渉に行き詰まったときは、笑顔を見せると効果的

「笑顔には強力なパワーが秘められている。

好印象をアピールできるのはもちろん、相手の警戒心を解いたり、親密感を与えることができる。

理不尽な支持を回避するコツ

仕事をしていると、人間関係の問題は常に付きまとってくる。

ときには嫌いな上司の下で働かなければならないこともあるが、いくら上司の命令には従わなくてはいけないと思っていても、やりきれないようなことを言われることがある。


スポンサーリンク

これはよくテレビなどで映されている会見や会議の場面と同じで、席に序列が生じた状態になる。

また大きなテーブルになるほど、対角線上に座る人同士の距離も遠くなり、意見の交換もしづらくなるだろうし、形式的かつ格式ばった会議になってしまうだろう。

一方で丸テーブルにした場合だと、席に序列が付きにくく、参加している人同士が対等な位置になり、距離が離れすぎることもないだろう。

また、発言している人の声が遠すぎて聞き取りにくいといったこともなく、全員がそれぞれの意見に耳を傾けることができる。

またテーブルの形が“丸”なのは“和”を連想しやすいので、会議を和やかに進行することになるのだ。

テーブルまで気にする人はほとんどいないかもしれないが、会議を任された場合はテーブルにもこだわってみるといいかもしれない。

スポンサーリンク

 - 仕草と癖