ネームプレート1枚で責任感はアップする

もしネームプレートをつけなかったら、相相手から名前を尋ねられない限り自分の名前を知られることはない。

つまり匿名の状態であり、「何かあっても自分とはわかりずらいだろう」と気が緩み、責任感が薄れる。

その結果ミスをしたり、サービスが疎かになってしいまう可能性が高くなる。

しかしネームプレートを付けると、その人は匿名ではなく実名の個人になり、何か問題を起こせば名指しでクレームがくることになる。

するといい加減な仕事はできなくなるというわけだ。

また、雇用する側としても、現場をチェックするときにネームプレートを見て従業員の名前を把握でき、「田中君というのか、いつも頑張ってるな」などと話しかけることができる。

ネームプレートひとつで責任感が増し、より熱心に仕事をするようになるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク