心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

話題に困らないための「て・き・ど・に」の法則

取引先の人と仕事の打ち合わせで会うときは、ビジネスの会話だけすればいいというわけではない。

会った直後は世間話でもして、お互いの緊張をほぐしたり場を和ませることが大切だ。

スポンサーリンク

  関連記事

交渉を成功させるには、会う時間と会う回数どっちが大事?

頻繁に顔を合わせている相手とは恋に落ちやすいというが、これは心理学で「熟知性の原則」と呼ばれているものである。

同じ人に何度も会っていくうちに、無意識のうちに相手に対する好感度が高まっていくというものだ。

椅子の座り方で、相手が気を許しているかがわかる!?

相手と椅子に座って話をしているときに、相手の座り方に気付いた人はいるだろうか。

もし、浅く腰掛けていたら、それはあなたに対して気を許していない可能性が高いだろう。

良い商品だと感じてもらえる演出とは?

商談をまとめたいときは、相手の心理をうまく刺激して、その商品に対していいイメージを持たせることが大切だ。

なぜなら、人は何かを欲しいと思ったときに、単にそのモノが欲しいというよりも、そのモノを手に入れるとどうなるのかを想像する。

相手に誠実さを伝えるには、軽くアゴに手を当てると効果的

交渉中の相手に誠実さをアピールしたいときには、どうすればいいだろうか。

じつは、返事をする時にアゴに手を当てて一瞬間をおいてから返事をすると効果的なのだ。

自分の意見を通しやすくする発言のタイミングは?

会議などで自分の意見を通したいときに、真っ先に発言をしてはいないだろうか。

もし勢いだけでそうしているならすぐにやめたほうがいい。

ネクタイの演出ひとつでフレンドリーな気分にさせる方法

ネクタイを緩めるのは、自分自身がリラックスしたいという気持ちの表れだが、一緒にいる相手に対して「あなたに敵意はありませんよ」「もっと気楽に話しましょう」といった意味も込められている。

そこで、相手をフレンドリーな気持ちに導く方法がある。

交渉に行き詰まったときは、笑顔を見せると効果的

「笑顔には強力なパワーが秘められている。

好印象をアピールできるのはもちろん、相手の警戒心を解いたり、親密感を与えることができる。

交渉相手が左側の席をすすめてくるワケ

誰かと同じテーブルに座るときは、向かい合って座る、コーナーを挟んでお互いに斜めになるようにして座る、横に並んで座るなど、話す相手やその場の雰囲気によって変わってくるだろう。

そしてこの中で一番親密さが増すのは横に並ぶ座り方である。

企画をサクサク通すためには「捨て駒」がカギを握る

上司やクライアントに企画を提案するときには、ひとつの企画だけでなく、いくつか捨て駒を用意しておくと本命の企画が通りやすいだろう。

もし提案がひとつだけだとほかに選択肢がないので、その企画が良いか悪いかの決断を下すだけになってしまうが、2つ以上の案を出すことによって、まずどちらを選ぶかという選択をする。

フィギュアを自分のデスクに飾る人は責任感が強い人!?

近年の文房具ブームの影響もあり、職場のデスクを自分仕様にしているという人もいるだろう。

なかには自分のデスクにアニメのフィギュアやアイドルの写真を飾っている人もいるだろう。


スポンサーリンク

しかし、この世間話が簡単なようでなかなか難しい。

何度か会っているなら話題に困ることはないだろうが、初めての取引先やそれほど実績がない場合だと、何を話していいか悩んでしまうだろう。

だが、いくら話題が見つからないといってプライベートの話をするのはよくない。

もし家庭の問題で悩んでいたらさらに気まずい空気になってしまう。

じつは、こういうときに無難なのが「て」「き」「ど」「に」が頭につく話題だ。

「て」はテレビ番組、「き」は気候・天気、「ど」は道楽・趣味「に」はニュースの話題である。

これならば相手も不快に思うことはないだろう。

天気がいい日であれば「今日はいい天気ですね」という会話から話を始めることができる。

ここでひとつ注意したいのがニュースの話だ。

政治や宗教など、相手がどのような信仰や信条を持っているかわからないし、下手な発言をしてしまうと意見の反発を招いてしまうことがあるので注意しておくといい。

スポンサーリンク

 - 仕草と癖